排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂のブログ

排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂が排卵検査薬や妊娠に関する事などについてまとめています。ご購入を頂いたお客様、迷われているお客様にとって便利なブログにしたいと思っています。

その他

出生前診断 クアトロテスト(母体血清マーカー検査)とは

前回、出生前診断の種類、検査可能な時期について記載しました。

今回はクアトロテスト
(母体血清マーカー検査)検査 とは何か
詳しく記載して行きたいと思います。

検査推奨時期

妊娠15週から17週頃までです。
妊娠15週0日から21週6日まで
検査をすることが可能ですが、
クアトロテストの結果を見てから
羊水検査を受ける場合があるため、
17週頃までに受けることが望ましい。

クアトロテスト(母体血清マーカー検査)検査とは

妊娠15週以降におかあさんの
血液を少量採取して、
血液中に含まれるホルモンや
腫瘍マーカー、そしておかあさんの
年齢や人種などの背景因子を加味して、
染色体異常がないかを調べる検査です。

この検査で「染色体異常がある」と
確定出来る検査ではなく、
あくまでも発症している確率を
推定するためのもので、
例えば、1/1000、や、1/60ナド
といった分数で結果が分かります。

検査自体は手軽で、
費用は1~2万円程度で受ける事が出来ます。

母体血清マーカーテストで染色体の
異常がないかを調べれば、
以下3つを発症している確率を
推定することができます。

ダウン症候群(21トリソミー)
エドワーズ症候群(18トリソミー)
開放性神経管奇形(二分脊椎、無脳症)

前述しましたが、クアトロテストの
診断結果は絶対ではありません。

テストの結果で陽性と診断されると
不安になるかもしれませんが、
その後の確定診断でも陽性に
なることは稀です。

また、クアトロテストで
陽性判定が出たとしても、
その後に羊水検査や絨毛検査を受けて
確定診断をするかどうかを
選択する事ができます。

確定検査はより正確な情報を得られますが、
その分、身体へのリスクも大きくなるので、
受けるかどうか、夫婦でよく話し合う
必要があると思います。

-その他
-, ,