排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂のブログ

排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂が排卵検査薬や妊娠に関する事などについてまとめています。ご購入を頂いたお客様、迷われているお客様にとって便利なブログにしたいと思っています。

その他 妊娠に関する事

妊活・妊娠中に葉酸を飲む理由と効果

妊婦さん、又は妊娠を希望されている方に
必須の栄養素の代表と言えば葉酸。

妊活・妊娠中に葉酸を飲む理由と効果
について書いて行きたいと思います。

葉酸とは、水溶性ビタミンの一種です。
葉酸は緑黄色野菜や果物、
ナッツ類や豆類、レバー等に多く含まれています。

葉酸は体内で下記の様な働きをしてくれます。

・胎児の神経管閉鎖障害
 (障害児や死産)のリスク低減
・血を作ってくれる(貧血の予防)
・細胞の再生を助ける
・老廃物の排出を助ける

その他、動脈硬化の対策にも必要不可欠で、
神経の働きをサポートする働きもあることから、
アルツハイマーやうつ状態の改善も報告されています。

そもそもなぜ妊娠中・妊活中に
なぜ葉酸は必要なのでしょうか。
それは、下記の理由があるからです。

★赤ちゃんの先天性障害のリスクが下がる

赤ちゃんの先天性障害の一つに、
神経管閉鎖障害というのがあります。

神経管閉鎖障害とは、
“脳や脊髄の異常”を指します。
分かりやすく言うと、
妊娠4週目~5週目ごろに
胎児の脳や脊髄の成長が
未熟なことを意味する
胎児の先天異常です。

妊娠初期に葉酸を十分とることで、
神経管閉鎖障害の発生リスクを
60~75%下げられるとされています。

★貧血予防

お腹の赤ちゃんはママの血液から
栄養をもらって育ちます。
本来はママの体に供給される鉄分が、
優先的に赤ちゃんへと届けられるので、
ママ自身の鉄分が不足して貧血になります。

葉酸はビタミンB12とともに血液を
増やす作用があるので、
妊娠中の貧血予防には欠かせません。

★受精卵の着床をたすける

妊娠を希望する方は、妊娠前から
子宮内の環境を整えておく事が大切です。
造血や細胞分裂を促す葉酸は、
子宮内膜を厚くして着床しやすくしたり
受精卵を守る力を強くするといわれています。

★流産リスクを下げる

妊娠中女性の葉酸不足で血液が足りなくなると
血行が悪くなり、赤ちゃんへの栄養の供給が
足りなくなったり、
血液の供給も少なくなってしまいます。

特に妊娠初期は、
非妊娠時の2倍の葉酸が消費されるので、
流産のリスクを下げるためにも
葉酸はしっかりとっておきましょう。

-その他, 妊娠に関する事
-, ,