排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂のブログ

排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂が排卵検査薬や妊娠に関する事などについてまとめています。ご購入を頂いたお客様、迷われているお客様にとって便利なブログにしたいと思っています。

その他 リボン堂の日常

生命の大切さと現在の医療技術

最近のお話ですが、
261グラムで生まれた
赤ちゃんのお話。

正常な出生体重よりも
軽く生まれた赤ちゃんは、
未熟児(低出生体重児、早産児)
と呼ばれます。

その未熟児の中でも
出生体重が1,000グラムを
下回る赤ちゃんは
超未熟児(超低出生体重児)と
呼ばれるそうです。

女性の出産年齢が
高くなっていることや、
人工授精など不妊治療による
影響が関係しているようです。

そのほかにも、
妊娠高血圧症候群や
常位胎盤早期剥離、
子宮頸管無力症などにより
早産する場合です。

年々未熟児の出生割合は
増えているようです。

ですが、
近年の新生児医療は
進歩していますし、
妊娠や分娩の医療管理体制が
整っていることもあり、
超未熟児の生存率も
年を重ねるごとに高まっています。

ですが、
出産後に障害等のリスクも・・・・

親としたら
五体満足に育ってほしい
というのが本音。

ただやっぱり
どんな状況であれ
我が子は我が子

かわいいのです~

今回、この記事を読んで
私には想像も付かないような
悩みや苦労があったんだろうな~

でもお医者さん、
看護師さん、
何よりも家族の協力で
今日を迎えれたのだろうと思います。

10年後、20年後に
昔のいい話なるように
育ってほしいものです。

命は数字や化学だけでは
語れないってことですね。

やっぱり人間は
生きてるんではなくて、
生かされてるんだなって
実感しました。

-その他, リボン堂の日常