排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂のブログ

排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂が排卵検査薬や妊娠に関する事などについてまとめています。ご購入を頂いたお客様、迷われているお客様にとって便利なブログにしたいと思っています。

その他 妊娠に関する事 排卵検査薬・妊娠検査薬について

妊娠検査薬で偽陰性・偽陽性反応が発生するケースも?

妊娠検査薬を使用する時は、
ドキドキ・そわそわの瞬間ですね。

当店で販売している商品や、
国内の薬局等で販売されている商品は
非常に制度が高く、
99パーセント信頼できる商品が
殆どですが完全に
正しいものではありません。

妊娠検査薬の判定ラインに
色が付かなかった場合は、
結果は残念ながら陰性です。

 

また、次のような場合、
結果が陽性となることがあります。

・流産や中絶から間もない時期

・不妊治療でhCG製剤の投与を受けた
(5,000単位の投与で7~10日後くらいまでは、
体内に残存するhCG製剤に反応して
陽性を示す可能性があります)

・絨毛癌など、hCG産生腫瘍がある

・閉経した
(閉経後、妊娠とは無関係な微量の
hCGが分泌されており、
弱い陽性反応を示す場合があります)

・LHとの交差反応、重度の糖尿、蛋白尿、血液の混入など

 

陽性反応が薄い?

妊娠検査薬のフライング検査で、
判定ラインにうっすら
色がついたのですがこれは陽性ですか?
という質問がたまに来ることがあります。

薄くても色付いたという事は、
体内からhCGが分泌され始めている事に
なりますので、薄くても陽性は陽性です。

陽性反応が薄い原因は下記の通りです。

・hCGの濃度がまだ検出出来る濃度より低い場合

・検査時期が早すぎる

・飲料が濃度を薄めている

hCGは分泌され始めて、
2~3日ごとに濃度が倍に増えていきます。

そのため、早期だと発見しにくい
可能性があります。
また、妊娠判定は朝一の尿での
検査をオススメしているのは
飲み物がhCGを薄めてしまう
可能性があるからです。

偽陰性の最たる要因は、
やはりフライング検査が一番多い様です。

まだ早いかなぁ・・。
と、分かってはいるけど
はやく結果、知りたいですよね!

今回記載した様に、
偽陰性・擬陽性が出るケースもありますが、
使い方や注意事項さえきちんと
知っていれば、簡単にチェック・
確認する事が出来ますよ。

-その他, 妊娠に関する事, 排卵検査薬・妊娠検査薬について