排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂のブログ

排卵検査薬・早期妊娠検査薬のお店 リボン堂が排卵検査薬や妊娠に関する事などについてまとめています。ご購入を頂いたお客様、迷われているお客様にとって便利なブログにしたいと思っています。

その他 妊娠に関する事

出生前診断 超音波(エコー)検査 とは

前回、出生前診断の種類、
検査可能な時期について記載しました。

今回は超音波(エコー)検査 とは何か
詳しく記載して行きたいと思います。

(超音波)エコー検査の目的

エコー検査(超音波検査)は、
超音波を発信するプローブを
妊婦さんのおなかにあてて
超音波を流し、
戻ってくる反射波(エコー)を
コンピューター処理で画像化したものを、
モニターで見ながら診察する検査です。

赤ちゃんが順調に成長しているか、
子宮内部に異常がないかを調べるための、
非常に有効な手段の一つ。

自分のお腹のなかで赤ちゃんが
成長している事を実感・確認出来る、
おかあさんにとっては
ドキドキワクワクな検査です。

また、お医者さんにとっては
視覚的に赤ちゃんを診察できる
貴重な情報源になる検査です。

 

エコー検査の仕組み

エコー検査とは超音波検査とも呼ばれ、
超音波を発信する機械をおかあさんの腹部にあて、
超音波を流し返ってきた反射波(エコー)を
コンピューターで画像処理してモニターに写します。

X線撮影やCTなどとは異なり、
放射線による医療被ばくの危険がないため、
おかあさんも安心して受けられる検査です。

超音波検査の方法としては2種類あり、

・お腹の表面に器具を当てる経腹超音波検査
・経膣プローブと呼ばれるスティック状の器具を
膣内に挿入する経膣超音波検査

があります。

妊娠初期にあたる
妊娠2ヶ月~4ヶ月までは、
お腹の赤ちゃんがまだ小さく
はっきり捉えにくいため、
プローブを用いたエコー検査となります。

また、この妊娠初期のエコー検査では
お腹の赤ちゃんと対面できるだけでなく
妊娠週数まで正確に分かるので、
分娩予定日を知ることができます。

 

エコー検査を行う目的

お医者さまは
エコーで映し出された画像を見ながら、
次のような事をチェックしています。

たいのうがあるか
心拍が確認出来るか
胎児の数
胎盤の位置
子宮、卵巣に異常がないか等

また、病院やクリニックによっては
3D・4Dエコーといった
胎児がかわいく立体に見えるエコーを
してくれる所もあり、
録画もしてくれるサービスも普及しています。
ご希望であればそういった所を受診して
記念に残しておくことも可能です。

 

お腹の赤ちゃんを見られる
数少ない機会であるエコー検査。
おかあさんにとっては
妊婦検診の最大の楽しみです!

胎児が大きくなってくる頃には
性別も確認する事が出来ますし、
赤ちゃんが今どの様な状態かを
詳しく知る事が出来るので
出産までの楽しみの一つとして、
楽しんで受診できるといいですね。

-その他, 妊娠に関する事
-